現代たまゆら旬感ダイアリー

四季折々の出来事・話題・雑感などをそこはかとなく書きとどめている日記です。

スポンサーリンク

人生は花火の様に美しくも儚い。

2017年8月30日、外は小雨、今日の予想最高気温は23℃である。

昨日は30度だったので7℃も差があり、とても涼しく感じられる。

仙台では36日連続降雨日となり、新記録になったらしい。

もう戻り梅雨、とはいえず、秋雨前線による雨らしい。

北の方ではすでに紅葉が始まっているらしい。

 

2017年の秋彼岸は9月20日が彼岸の入り、9月23日に彼岸の中日、9月26日が彼岸明けというからまもなく残暑も終わりかな。


大曲の花火大会は洪水のため開催が危ぶまれたが関係者の必死の努力もあって、26日に無事に終了。

 

毎年同じように夏の終わりを迎えるけれども、決して同じな訳ではない。

花火も伝統の中に新作(スペイン花火等)を取り入れて見事であった。

 

桜を見終わり、ひまわりの夏を迎え、大曲の花火も済み、今また、夏が終わりを告げようとしている今日この頃。

 

「人生は花火の様に美しくも儚い。残された人生いかに生きていくべきであろうか」。

ふとそんなことを思ったりしてみた。

 

 

★大曲の花火
1910(明治43)年に始まり、途中一時中断はあったものの、今回で91回目の開催となる「大曲の花火」。ここで行われる「全国花火競技大会」は、いわば花火師日本一決定戦。

内閣総理大臣賞や経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など数々の賞が授与されることから、全国の花火師たちの目標となっている。一流の花火師が熱く燃える花火芸術の最高峰をこの目で確かめてみたい。なかでも、注目の大会提供花火「ワイドスターマイン」は、1年かけて製作するという力作だ。

2017平成29年8月26日(土)
・昼花火の部 17:30〜
・夜花火の部 18:50〜


明治43年に始まった「大曲の花火」は、全国選りすぐりの花火師だけが参加できる日本最高峰の全国花火競技大会です。
良い花火とはどういうものか?花火芸術とは?その全ての答えがここにあります。打ち上げられる花火の質、規模は他の大会では見られない内容とあり、毎年、全国各地から多くの花火ファンが訪れます。


2017大会テーマ「行雲流水」


空を行く雲や流れる水のように、物事に執着することなく、自然のままに身を任せる—自然体ながら日々進化し続ける花火。


2017大会提供花火テーマは「生命のまつり」その姿、いと美しきなり。

今年は幅900mに及ぶワイドスターマインが予定されています。

日本三大花火は「秋田・大曲」「茨城・土浦」「新潟・長岡」です。これに加えた「三重・伊勢」の4大会は一度は見ておきたい花火。